「今ここ」現実創造 神意識|本当はすごい私

「今ここ」現実創造 神意識

「空」意識・神意識で「今ここ」での現実創造。すでにすべてを所有している意識・満足感。選択の自由を行使し、現実に3D具現化する。
amg-1880381_640.jpg

「空」と「ゼロポイント」と「素粒子」の関係



「空」とは、虚空のことで、ボイドともよばれ、非常に巨大で広大無限な広がりである、「生命の不動状態」のことを意味します。
まだ何も動いていないすべての状態のことです。

肉眼で見えるカタチとしては何もないけれど、あらゆるすべてが潜在的にある状態のことです。
ピラゴラスが言うように、この永遠不変で絶対的な「虚空」が、すべてに先立ったあったのです。

「虚空」(ボイド)がおのれ自身を認識した瞬間、「私とは何?」という疑問・問いかけを持ったことから、原初の”私”という”点”が「空」の中に立ちあがって創造されました。

ただ静かな闇であった「空」が、自分の意そのものである”点”を創造してしまいました。

この”点”は、時空間体験として実際に「動き」なるものを知りたいと願う「意」ですから、今まだ何も動きが無い”点”です。
透明な”点”です。

この原初の”点”、まだ何も体験的に決まっていない”点”、まだ何も特別に定義されていない”点”は、「ゼロポイント」と呼ばれ、「空」の知りたいという欲望の情熱エネルギー(原初の火の要素)が含まれています。

肉眼では見えないけれど、”最初の実体”である「ゼロポイント」が「空」によって創造されました。
「私」、「我」、「俺」という自覚の点のことです。

この原初の点(原点)である「ゼロポイント」は、文字通り、すべての創造の出発点です。
つまり、この点から、素粒子(光子)が直接に生まれていったのです。

この点から時間・空間・次元などが生まれていったのです。
素粒子(光子)の粒のひとつひとつには、ホログラフィックな完全な無限の全可能性が含まれています。

「空」が自分を認識して、「自分とは何?」という疑問・問いかけによって創られた「ゼロポイント」という実体は、「空」という巨大な広がりの中における”目覚めた点”、”覚醒している点”、”悟っている点”、”我、ここにあり”という自覚の点のことです。

この「ゼロポイント」と呼ばれる点を別の表現で表すと、「空」意識、神意識、第一意識、観察意識、創造主、今ここ、全体意識、純粋意識、などと呼ぶことができます。

私たちは、今ここに神意識として存在するのであり、素粒子(光子)を生む「ゼロポイント」なのです。
「ゼロポイント」とは、巨大な「空」の広がりの中にある”無限の体験”を、今ここにおいて、物理的肉体の経験を通して知っていこうと意図した神意識・「空」意識のことなのです。

実際の経験を通して知ることのできた内容(叡智)は、ホログラフィックなエネルギーという形で魂に記録されていきます。魂は体験の記録器なのです。

今までのあなたは、ホモサピエンスというハイブリッドな生命体をも創造し、それを通じて”人間としての側面”を創造して、人間体験を知ろうとしてきました。(今後は神の体験へと戻っていきます)。

第一意識である「ゼロポイント(虚空意識)」から放出された”反射”のことを第二意識(投影意識)と呼びます。人間としての側面も、あなたである第一意識(神意識
から創造された第二意識という創造物なのです。


「輝き」と「影」の反転


yin-yang-2024615_640.png
"同行二人”という言葉がありますが、これは「お前一人ではないぞ。空海がいつも一緒だ」とい意味だと教えられてきました。もちろんそうですが、「あなたという輝きの部分にはいつも影が一緒についているぞ」という意味も含まれています。

そして、影(闇)もまたあなただということです。意識の反転をして、バランスをとってください。

個人としての人間意識(エゴ)から、神としての全体意識への反転です。反転が正しいとか、良いことだからではなく、反転からの視点によって「すべての側面」を完成させることができ、あなたは完全に「すべて」を知ることができるのです。

今まですでにあったのに意識されなかったもの、気づいてもらえなかったもの。そういう残りの影の部分が表に見えてくるでしょう。今度は影にスポットが当たるでしょう。

光のおかげで影が生じたという発想から、影が光という形を創り上げているという発想にもスポットを当ててください。

黒い画用紙に「白い丸」が描かれているという考えから、まわりが黒く塗りつぶされたおかげで「白い丸」が残ったという考えです。

この白い丸があなた個人の「意識」だと思ってください。黒い部分が「意識以外のすべて」だと思ってください。今までは、あなたの個人的な部分が単独でがんばって白い丸を描いてきたと思っていたかもしれません。

でも、それだけではなかったのです。今後は意識を反転して、白い丸になるということは自分で意図する必要がありますが、その意識を持った後は、自分以外のところにゆだねて任せるという視点や方法があることに気付いてください。

まわりの黒い部分も含むすべてを自分で仕切ろうとするのは本当に大変ですから、白になると決めたら、後はそれ以外の97%からの全面サポートに心から感謝し、そうなることを意識して任せておいてください。

「今ここ」のあなたを成り立たせてくれている以外の部分が「影」なのです。「影」によって「今ここ」のあなたはサポートされているのです。そして、割合としては圧倒的に「影」の方が多いのです。「影」はないように見えますが、実際はちゃんとあります。

「あなた」が自分自身を決めるとき、「影」はいかようにも自由自在にあなたをサポートしてきてくれます。

私たちという意識は、私たちの周囲にある「見えない部分(影)」によって成り立たせてもらっていますので、安心して「こんな自分!」という中心軸を不動のものにしておいてくださいますようお願いいたします。「中心」の意図がブレなければ、「周囲」が勝手に形を整えてくれますし、実際は今までもそうであったのですから。

自分である「中心」の意図が先に意識されなければ周囲は何も動けず、「周囲」なくして何も具体的な形が整いません。創造されません。

「中心」(=意識の輝き)と「周囲」(=影)、この二つのコラボによって現実を楽々と3D具現化させてください。


「虚空」とは「無限の死」のこと



毎瞬の死の瞬間とは、とても速い(超光速)スピードでの崩壊と再生の瞬間点のことであり、一切の現実空間が閉じて消滅して、「虚空」だけになる一瞬のことです。
しかし、この一瞬は、とても短い(短か過ぎる)ために、頭での理解や肉眼での認識は困難です。

そして、一切(すべて)の現実はとても短い(ほんのわずかな)瞬間でしかなく、目の前の現実をあてにすることは不安のもとです。これだけが永遠に存在し続ける豊穣の宝庫です。

私たちという「空」意識は、とても速く(超高速)で毎瞬の現実を創り直し続けているのです。「死」は、特定の体験を観察し終え、各自の気づきが完了した瞬間であり、次なる再生への瞬間です。

毎瞬の「死」において、あなた独自の生命は同(バイブレーション)の振動率・周波数は変換され続けていきます。意図すれば大きな変換も可能であり、似たような波動を再創造することも可能です。
「あなた」次第です。

「死」という究極の無限フィールドは、すべての波動が全部戻っていくところです。「死」のフィールドとは「虚空」のことなのです。つまり、あなたという「虚空」は「死」の無限のフィールドなのです。「死」のフィールドは、何もないのではなく、「生」が動いていないフィールドなのです。

あなたが物質的なものや、お金や、大好きな人をすべて真に所有して一体化できるのは、無限の「死」のフィールドにおいてのみなのです!

実際、目の前に何もないかのように見えるとき、それはあなたの内なる「虚空」=「死」の中に全部所有されて「ある」ということです!外へ「生」として分離しだしていないだけで!

だから、「出す!」と意識することが必要なのです。これが意宣り(いのり)であり、意図です。

毎瞬、あなたの肉体は死んで、また再創造され続けます。超高速・超スピードの呼吸によって!

「死」と「生」(再創造)の循環です。
動きが無い形なき素粒子から、形あるもの、動いて命あるものへと変換されるのです。これが錬金術です。

「死」は、ついさっきまでの「生」の完了のことであり、「生」が「死」に吸収されることです。何を完了しているのでしょう。それは観察(気づき)の体験の完了です。

「死」と「生」も陰陽一対です。これは別の言葉に置き換えることができます。「道」と「徳」です、(道徳です)「徳」は「死」や「虚空」のこと。「道」は「動」、「生」の道のこと。これもまた陰陽一対です。

「道」は出すこと。「徳」は吸収すること。入れて戻すこと。「道」の完了が「徳」です。

この出し入れがSEX(陰陽一対)のことでもあります。タオでは、もともと道徳は陰陽一対のことだったのであって、学校で習ってきた道徳とは程遠いものです。

本当のことを教え、「空」(=死)と、「宇宙」(=生)の仕組みがわかってしまうとマズイので、権力者によって封印されてきたのです。


「空」意識の欲



”素粒子の数”と”豊かな現実状況”は比例する!
もちろん、素粒子の数とお金の”豊かさ”は比例します。健康やパートナーシップとも比例します。

この大胆かつシンプルなメッセージは、2012年の1月13日の朝にやってきました。多くの方が情緒的なものに振り回され、左脳的な理解が進まないから、まずは簡単にこのように伝えなさいということでした。

2011年の秋、熱海に泊まったとき、「我が豊穣の血(=気)を放出するなり!」というセリフを神が口にされた夢を観ましたが、私たち「空」意識・神意識の欲は、ミクロ素粒子の放出なのです。(呼吸なのです)。素粒子とは、現実出来事のミクロ版(ひな型)のことです。鋳型・マトリクスのことです。

人間のオーラと肉体ボディーの中に、いかにたくさんの素粒子があるのか、その放出された素粒子の数が多くあるほど、内的にも充実感を味わえて、外的状況も満ち足りた現実が創られます。

左脳的な理解と右脳的な理解の両方を助けることができるように書かせていただきます。左脳的いは、あなたのボディーを構築する素粒子のすべてが単体でウキウキとイキイキと自由自在に動き回っているときに、右脳的には最も満ち足りて充実感を感じます。

光子・素粒子・量子は”単体のツブ”であればあるほど、パワフルで軽くてエネルギッシュで、数が多いのです。単体のツブが集まって固まってしまうと、当然ながら重くなってドヨーンとなって、数は減っています。

たとえば、あなたという意識が”不足・欠乏”を意識した瞬間、それが無意識に思った場合でも、その”不足情報”しか残らなくなり、豊かさに関する情報がすべて物理的に紛失され、消えてOFFになってしまうのです。豊かな素粒子の数が激減します。

豊かさへのアイデア、豊かな鋳型がすべて消えてしまい、お金を構築する鋳型も消えてしまうのです。あなたが不足を感じると、欠乏を意識すると、文字通り素粒子の数が減ってしまうのです。

見えない世界での素粒子が減った分だけ、見える世界でも不足した現実となって表現されてしまいます。

では、”どうあれば”いいのか?(”どうすれば”ではナイことに注意!)
”イヤサカに誠を尽くす!”(自他の繁栄に貢献する)という意識のあなたで”あって”ください。

その前提として、必ず、”すべてのモノをすでに所有しいている自分”という意識であってください。すべてを所有している意識でなければ、本気でイヤサカに貢献することは無理だからです。

必ずすべてを所有した意識を保ってください。日々、その意識を自覚していてください。そういう意識の”ありよう”で生きてください。

満ち足りた感覚を感じている意識状態のときに素粒子の数が爆発的に増えて放出され、それが外面的にも繁栄のカタチとなります。内面的・情緒的な満ち足り感を味わっているとき、あなたのボディーやオーラの素粒子が増えていきます。

あなたの”イヤサカへ貢献する意思”(自他ともに栄える意思)が豊かさへ直結した道なのです!それこそが素粒子を増殖させる方法です。宇宙の繁栄システムは、こんなにもシンプルなのです。

あなたの不足の思い(常にないという思い、欠乏感、満ち足り感の欠如、愛され感の不足など)を感じることが、外なる困窮の現実に直結します。内的な困窮の感覚が外的な困窮状態を生みます。

不足・欠乏の感覚によって、欲しがることが優先の人間意識になっています。他者は後回しで、自分や自分の家族だけを優先する人間意識になっていきます。

もらうことが絶対的な優先事項になるのは、”不足感”から来ています。いつの間にか、あなたはもらうことだけが大切な、ケチな人間の鋳型をかぶってしまったのです。

でも、人間の皮をかぶっただけですから、もともとの本質は豊かな神意識なのです。どうぞ、今から全体への貢献をしようと意図してください。

「今ここ」のあなたの宣言が最も偉大


money-case-163495_640.jpg
私たちの「頭」には古い思考のクセがあり、過去・現在・未来という時間軸を直線のイメージで持っています。まず、この概念は外してください。

「今」しか存在しません。毎瞬、毎瞬、ぶつ切りの「今ここ」しかありません。

それなのに、時間軸に乗っかると、「当然、今の自分よりも未来の自分の方がスゴイ」という考えになってしまい、常に「今」の自分を未来よりも卑下することになってしまうのです。

でも、実は「今」の自分が最も偉大なのです!「今ここ」の自分の中には「あらゆる時間や次元の自分の鋳型」がありますが、物理的に体験するときは必ず「今ここ」の自分が何かを”選択する自由”を持っています。そして、「今ここ」の自分が選んだ鋳型を体験しています。

どんなに素晴らしい未来の自分の鋳型でも、そこが選択されることなく体験されなかったら、なかったことと同じになってしまいます。体験すると決めてもらえなかったら、なかったことと同じなのです。どんなすばらしい事柄も、過去や未来のことならば、ナイ(ない)ことと同じです。

常に「今ここ」を意識している「あなた」、「今ここ」にまっさらなゼロとして意識を保っている「あなた」は、どの瞬間よりも無限の自由なポイントにいるという意味で、最も偉大であることは全く疑う余地もありません。

「私は、今までの自分ではない自分(本来の神)になる!」とあなたが宣言するとき、たったそれだけであなたのフィールド全体にその指令が届きます。素粒子フィールド全体に指令が行き届くのです。

アッと言う間に!それは光より速いスピードです。とにかくハッキリと意識することです。

その意識が、いまひとつ何か本心から感じられていないように思えても、「少なくとも、そうしたい気分はある!」と意識するだけでも断然違ってきますから、お試しください。

そして、「今ここ」というゼロポイント(現実放映ポイント)には、現実3D創造のための鋳型(情報)が無数にあります。

あなたの今の「頭」には想像、イメージすることさえできないような、全然違った楽しい人生を満喫しているあなたの鋳型もあるのです。予測不能な鋳型があるのだという程度の想像はしておいてください。

しかし、どんな鋳型も設計図のようなものであり、実際に物理的な現実にするには、あなたが「今ここ」で選択して意識していくことが必要になります。

選択するときはもうスタートの瞬間なので、スタートのエネルギーは必ず「トキメキ」や「喜び」であってください。

なぜなら、ひとつひとつの鋳型はスタートとゴールが同じ波動エネルギーで成り立っているからです。ですから、必ずトキメキを持って宣言していきましょう。

あなたの豊かな鋳型を現実化することに対して、絶対的な「貪欲さ」という情熱が必要になってきます。

現実創造のゲームというものに対する「気合い」です。「好奇心の本気度」です。

ゲームは全身全霊で真剣に気合を入れて参加するからおもしろいし、予想もしなかったすてきな結果を喜ぶことができるのも「貪欲」だったおかげです。「貪欲さ」は自分の中の鋳型や体験そのものに対する”強烈な愛”なのです。

2017-05-07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 本当はすごい私 All Rights Reserved.
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます